表面にひびが入った!!絶対修理しないとダメ?

画面のひびは他のトラブルを招く

iPhoneの画面にひびが入っても、動作に問題がなければそのまま使うことができると考える人もいるでしょう。しかし、ひびが入ったまま使うと指先を傷つけてしまう原因となることもあれば、バッグや衣類に引っかかる可能性も出てきます。更に、ホコリや水分などが入り込みやすい状態となってしまうため、ひびをそのままにしておくとiPhoneの寿命を縮めてしまうことになります。それだけに、問題なく動く状態であってもひびが入ったら早めに修理に出しておく方が良いでしょう。修理は高いと考えてしまう人もいますが、動作などに不具合が出るようになれば画面の交換よりも更に高額な費用が必要となります。それだけに、たかがひび割れと軽く考えない方が良いでしょう。

ひび割れはどこで修理をする?

iPhoneのひび割れ修理には、いくつかの方法があります。保証期間が残っているのであれば、正規店に依頼をするのが良いでしょう。正規店であれば純正パーツを使って修理をしてくれるだけでなく、残っている保証期間が消滅することもありません。ただ、正規店は事前予約が必要なことが殆どです。少しでも早く修理が必要な場合は、飛び込み可能な非正規店を考えてみると良いでしょう。安さにこだわるのであれば、パーツを購入して自分で修理をするという方法もあります。ただ、非正規店や個人での修理を行った場合は、残りの保証期間が消滅します。そのため、画面のひび割れの修理をする時には、残っている保証期間などを考え最適な方法を選択することがおすすめです。

iphoneの修理を川崎で手掛ける専門業者は、駅前などのアクセスしやすい場所に店舗を構えている場合が多く、迅速かつ丁寧な作業によって幅広いトラブルに対応しています。