少しのドット抜けぐらいなら問題ないの?

操作には問題はありません

iphoneを操作していると、『真っ黒のままのドット』や『常時同じ色になっているドット』を見つけてしまうことがあります。そのようなドットの不具合は、タブレットやパソコン用モニターなどのディスプレイでもよくあることなので、数と場所さえ納得できれば使い続けても大丈夫です。液晶とタッチパネルのセンサーとは別なので、操作にはまったく問題がありません! ただし、ドット抜けや異常が多かったり、存在する位置が画面の中央にあるのなら、iphoneの使い勝手が悪く感じてしまいます。不具合が許容範囲を超えているのなら、修理に出してiphoneの液晶を交換してもらいましょう。本体が故障していないのなら、短時間で新しい液晶へと交換してくれます。

初期不良として認められることも

ドット抜けや異常が気になるというのなら、iphoneを購入したときに、液晶を隅から隅まで調べるとよいでしょう。ドットの不具合は初期不良として認めてくれるケースがあるので、すぐに新品へと交換してくれる可能性があるからです。初期不良交換の期限は定められているため、とにかく早く調べることが大切だといえます。
iphoneの保証期間が過ぎているのなら、修理をするときは、公式以外の身近にある修理店を利用するのもよいです。公式よりも安価で液晶を交換してくれる場合が多いので、気軽にドットの不具合を解消できます。ドットの不具合は時が経つにつれて、どんどん増えることもありますので、許容範囲を超える前に修理してもらうと快適に使い続けられるでしょう!

仙台はiphone修理の激戦区です。激しい価格競争のため、他県から郵送で依頼しても安く仕上がります。価格の面ではiphone修理を仙台のお店に依頼するのがお勧めです