水没したけどデータは欲しい!!こんなときどうする?

水没したら絶対にしてはいけないこと

もしスマートフォンが水没してしまったとき、大切なデータだけでも取り出したいと思ったら、絶対にしてはいけないことがあります。それは、本体の電源を入れることです。電源を入れることによって基盤がショートしてしまうと、本体が完全に壊れてしまって最悪データも取り出せなくなってしまいます。同じ理由で充電もしてはいけません。スマートフォンを水没させてしまったときにやりがちなのが、本体を振って水を切ろうとすることです。これをすると、水が浸透していなかった部分にまで水がいきわたってしまい、復旧できない可能性が高まってしまいます。スマートフォンを乾かすときにはティッシュなどで水気を吸い込ませるようにふき取ってください。ドライヤーなどは過熱による故障や発火の恐れがありますので危険です。

水没したらできるだけ早く修理店へ

前述したスマートフォンが水没してしまったときの対処の仕方は応急処置になりますので、できるだけ早く修理店へ持ち込んで修理を依頼してください。もし電源が入っていたらすぐに切り、可能であればSIMカードも抜いておくほうが良いでしょう。修理店によっては修理は行っているがデータの復旧までは行っていないという場合もありますので、修理ができなかった時でもデータだけは取り出せるように最初に聞いておくと良いです。水没してから修理に取り掛かるまでの時間が早ければ早いほど復旧する可能性が高くなります。水没修理を得意としていてしっかりとやってくれる修理店ではデータの復旧率はとても高いので、水没したからといってあきらめずに相談してみましょう。

中央線沿線の方は、iphoneの修理を吉祥寺で利用するのがおすすめです。駅前に店舗が複数あるので、金額、時間など様々な基準から選べます。